一夫一婦制度

ですから、男性としてみれば、自分の財産をDNAというバーコードを貼って確実に渡したいわけです。その場合、自分のDNAがきちんと入っているか保証がないと困ります。結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!から結婚相手を探せば、あなたに合った探し方も探せるので不安や悩みも解決してくれるサービスを見つけられます。男性が女性に貞節を求めるのはそのためなのです。ところが、こうしたかたちの一夫一婦制度は、いくつかの条件によって維持されているわけですから、条件が変わってしまえばいつでもその関係は崩れるわけです。男性の場合、自分がエサをとってかえらなくても、子供が育つという見込みがあれば、つまりしっかり者の奥さんがいれば、あちらこちらで浮気をして歩くでしょう。一方、女性の場合も、男性に庇護されてエサをとってもらわなくても子育てができるのであれば、女性は男性ほどポリガミック(複婚的)ではあり得ませんが、そうした歯止めさえなければ、ポリガミックになるものです。逆に子育てを効率よくするためには、A、B、C、Dそれぞれ別の男性からエサをもらって、自分の遺伝子を持っている子供につぎ込むという、子連れホステスがやっているようなテクニックもあります。これはAの男が死んだらBの男、Bの男が逃げていったらCの男、Cの男が嫌いになったらDの男というように、「配偶行動」上の保険をかける意味合いがありまそれは遺伝子のサバイバルという点において、強い固体を残すのも、美しい固体を残すのも相手次第というところがあるからです。つまり、浮気には〃リスクヘッジ〃という意味合いが含まれているのです。もちろん、それが生殖行動つまり子づくりという本来の意味と切り離されているのが現代の性愛の特徴なのですが。

DW141_L

一生結婚できない男

O浮気には〃リスクヘッジ〃という意味合いもあるこうした、生物の本性があるにもかかわらず、なぜ、一夫一婦制という婚姻制度が形成されたのでしょうか?一つには、一夫一婦制のもとなら配偶者が公平に分配できるというメリットがあります。しかし、そうなったのはごく最近になってからのことです。たとえば、深沢七郎さんの『東北の神武(ズンム)たち』という小説には、次男、三男坊はまず結婚できず、髭をぼうぼう生やして働いていることから神武天皇というあだ名で呼ばれていたと書かれています。もちろん、これはあくまでも小説の中での話です。仕事もいいけど、人生設計もしっかり考えて、ここで→結婚相談所 選び方 素敵な出会いを見つけてください。しかし、日本でもおそらく明治の半ばぐらいまでは、次男坊、三男坊で一生結婚できない男がひじょうに多かったのではないかと思います。かつての部屋住(へやずみ) (鎌倉時代の末期から江戸時代にかけて武家の間で発達した長甥粁単独相続制度)の下で、次男以下は正式な結婚ができず、長兄の居候となっている状態)の名残かもしれませんが、財産を相続できない次男坊以下の男性は扶養能力がないので結婚できず、生涯親や兄に面倒をみてもらわないと暮らしていけませんでした。今でも発展途上国などでは、妻に対する結納金、たとえばウマ七頭とか、ブタ十五頭とかが準備できない男性はまず結婚できない地域もあります。それが現在のように男女が等しく自分の配偶者を持つことが期待できるようになったのは、日本の場合、戦後になってからの話です。人間以外の動物にも基本的に〃つがい〃の形態がありますが、これは基本的に生殖にもとづいた配偶行動です。

DW115_L

感性の合わない男と結婚

彼女はもともと農夫である夫にひかれて結婚したわけではありません。第二次世界大戦のとき、フランチエスカの故郷であるイタリアで夫が連合軍の一員として戦っていたことが縁で知り合いました。彼女が二十五歳のときです。ところが、軍服を脱いで農夫になった夫は、やさしい男でしたが、彼女とはまったく感性が合いません。ふだんの会話の内容といえば、明日の天気や農産物の価格、近隣の人のおめでたや葬式の諸スポーツの話題……。どれもこれも現実的な話題ばかりで、芸術や夢について語り合ったことなど一度もありません。出会いのチャンスはここにあります。→出会い系 サクラいない が、そこから先は自分で頑張らなきゃならない。ここを読んでいるあなたなら大丈夫。「無言のうちに反発を感じていた小さな田舎の生活にすっかりからめとられてしまった」と彼女自身が言うように、ロマンもエロティシズムもない田舎町での退屈な日常が流れていくだけでした。そこへ夫とはまったく違うタイプの、彼女の感性にフィットした男性があらわれたのですから夢中にならないはずはありません。ロバートは野性的な顔だちで、背が高く、痩せぎすだが筋肉質で無駄のない体つきをしてぃます。しかも、彼女はロバートのために、夫がふだんめったに口にすることのないワインを買いに六○キロも離れたデモィンの町までわざわざ車を走らせて買い出しに出かけます。作者のウォラーはこうしたことをすべて計算し尽くして書いているのでしょうが、実際、こうした非現実的な状況を女性は心のどこかで求めているのではないでしょうか。

DW014_L

結婚してからの生活

彼らは聖書の教えに忠実だといわれていますが、「産めよ増えよ地に満てよとヤハウェは我々を祝福した」と聖書に書いてあるように、性と生殖を切り離すことをキリスト教では認めていません。平たくいえば、セックスは生殖のためのもので、生殖を目的とせずにセックスを楽しむことを罪悪視しています。また、食事はあくまでも、人間が活動できる最低限の栄養を補給するための手段であり、それ以外の目的で賛沢な食事を楽しんだりすることを厳しく戒めています。そう考えながらこの小説を読んでいくと、フランチェスカの夫・リチャードはたしかに堅気の男ではありましたが、逆に現実的で面白みのない人物だったのではないかと察せられます。事実、リチャードは性的にも淡白ですし、女としての彼女にはさして興味を持っていなかったようです。もし、ここで→出会った相性が合う人と結婚しても仲が悪くなったらここを思い出してください。フランチェスヵがロバートにひかれたのは、自分の夫にない別の理想を彼の中に求めようとしていたからかもしれません。実際、ロバートと夫とはまったく正反対のタイプでした。まず第一にカトリックの信者でしたし、第二に芸術家肌のロバートは感受性が豊かで、彼女の繊細な心の動きにも敏感に反応する細やかな神経の持ち主でした。しかも、結婚してからは好きな詩ともまったく無縁の生活になってしまった彼女にとって、詩を理解する感性を持ち合わせていたロバートはたいへん魅力的に映りました。そして第三に、彼とのセックスは夫のそれとは違って官能的なものでした。

DW042_L

結婚を考えにくくなります

つまり、子供をつくることがかならずしもメリットにならないわけです。最近は、子供が親と同居して扶養し、その見返りとして親は全財産を子供に残すという習慣も、親を扶養しない子供が増えるにつれてすたれつつあります。そのため、子供を生んで育てたとしても、将来自分を扶養してくれると期待することは困難になっています。それならいっそのこと、サバイバルのためには、子供などつくらずにお金を残したほうがいいということになります。そうした事情もあって、結婚してもDINKSでいる人や結婚しない人が増えてきているわけです。また、女性の場合は、子供をつくると、職業人であり続けることに障害を生ぜざるをえなくなります。子育てをしながらOLとして、学者として、ジャーナリストとして一人前にやっていこうとするには、超人的な努力をするか、自分の実家の両親や嫁ぎ先の両親、あるいは夫の努力を要求せざるをえないのが現実です。そうしたことを考えると、キャリアウーマンとして働いている間は、結婚を考えにくくなります。ところが女性は、三十歳近くなると、どうしても安定志向が強くなり、結婚したくなるものなのです。しかし、気がついてみると、自分が行き遅れたことに気づき、憎然としたり憤激したりするわけです。あなたはここで→安心 出会系 出会った人に対して、自分の理想を演じずに本当の自分をぶっちゃけられますか?これは「クロワッサン症候群」と名づけられていますが、そうした女性が増えてくるのは、ある意味で当然のことでしょう。そのため、結婚はしたくないけれども、子供だけはほしいという女性も最近は増えています。これはやはり、DNAの命じるところでしょう。もちろん、そうした本能的なサインに従う人と従わない人とがいるでしょうが。

DW151_L

結婚することで満足

性的な満足を得るには、結婚するのが最もオーソドックスな手段であるという考え方はだんだん姿を消しつつあります。また、従来のように、女性が男性の経済力に依存するケースも少なくなってきました。最近はむしろ、結婚すると貧しくなる、結婚すると生活水準がダウンするということを多くの女性が指摘しています。どこの先進国にもこうした傾向があるのですが、若い男性の場合、収入が少ないために結婚できないということがあります。最近は、どこの家庭でも子供一人ぐらいなら、いつまでも養っていく能力がありますから、実家で親ががりになっている間、子供たちはけつこう高い生活水準を享受することができます。ところが、結婚して家を出ると、夫婦の収入を合わせても、自分たちが実家で享受していたときの生活水準には達しません。これからここ→結婚相談所 比較 で、出会う結婚相手との関係が難しくなったとき、この話を思い出してください。女性の場合、「永久就職」したはずなのに、こんなはずではなかったということになるでしょう。そのため、生活を安定させるために結婚するという考え方はできなくなってきたわけです。さらに、子育てがかつてのように、女性にとっての本能的な喜びではなくなってきました。いまや子育ては、マニュアルに従って進めるものとなっています。核家族化によって、バックアップしてくれる家族がいなくなったからです。そのため、子育ては大変面倒なことだと思われるようになってきました。しかも、受験競争の影響があって、子育てには大変な投資と努力をしなければならないという現実もあります。

DW027_L

結婚したくない症候群

それが、結婚したくない人が増えている大きな理由なのでしょう。もちろん、昔から、独身でいるほうが尊いとする考え方もありました。たとえば、神に仕える聖職者は独身でなければならないとされてきました。これは人間どうしで結びつくと、神との結びつきが弱くなってくるという考えと、自分の性欲を自分でコントロールできる人は意志の強い人だという考えによるものでしょう。キリストは終生結婚しませんでしたが、といって結婚してはいけないとは、新約聖書にも書かれていません。しかし、弟子のパウロが「コリント人への第一の手紙」のなかで、「あなたがたは結婚しないのなら、しないほうが一番いい。だが、結婚しないで欲情にふりまわされるぐらいなら結婚したほうがいい。しかしながら結婚したら、結婚して子供を産みなさいとヤハウェも言っている。また、ひとたび結婚したら別れてはいけない」と言っているように、種々の条件がついています。コミュニケーションは非常に重要ですので、これからここで→出会う結婚相手とはコミュニケーションを途切れないよう気を付けましょう。つまり、独身でいたほうが、神からより愛でられる、その報いとして仕事もうまくいくといったふうに考えられていたのではないでしょうか。ところが、最近の宗教家はみな結婚するようになり、カトリックの神父でさえ結婚が認められようになりつつあります。その一方で、結婚したくない症候群におちいる人が増えてきているのは、婚外性交、同性愛など、かつては異様な性のあり方といわれてきたものが、単なる嗜好の問題にすぎないと言われるようになったからです。

DW017_L

結婚を志向する

婚前交渉が自然になればなるほど女は結婚しなくなる●結婚で安定が得られなければ、女の結婚願望は減少する●子育てにメリットがなくなり、女の本能的な喜びが減退しはじめているO結婚しても、ほとんどメリットがない現実ここ数年、結婚したくない症候群とでもいうのでしょうか、結婚することにこだわらない人が増えつつあります。結婚願望が強い人の心にはさまざまな思いがあります。まず、性的なパートナーを得たいということがあります。コミュニケーションがうまくいかない夫婦はこのように関係修復に時間と手間がかかりますので、で相性がピッタリの相手と出会えば夫婦間の問題は起こりにくいか、起こっても解決はこんなに大変ではないでしょう。婚外性交で性的パートナーを得るにはお金がかかりますし、最近はエイズなど致命的な性病に感染する可能性もあります。また男性であれば、結婚することによって家事の分担のシェアを求めることができますし、女性ならば、生活費の面倒をみてもらえるというメリットがあります。さらに、男女両方とも、DNAは早く子供をつくれと命じているとい、うこともあるでしょう。また、一般的に、男女とも独身者のほうが、社会におけるステータスが既婚者より低いということがあります。たとえば、日本では、お七夜やお宮参り、七五三成人式、結婚式、葬式、さらに還暦や古稀の祝いといった通過儀礼をすませた人であればあるほど社会的なステータスは上だとされてきました。これまでは、そうしたことが結婚を志向する原動力になっていたわけです。ところが、そうしたさまざまな条件が、最近になって根本的に変わりつつあります。

DW053_L

素敵な結婚相手

そうした魅力を持った看護婦が、どんな男性の心の底にもある、幼児に戻って母親に世話をしてもらいたいという希望を現実にかなえてくれるのですから、男性にモテるのは当然のことといえましょう。ただ、入院するほかに、そうした欲求を満足させてくれる機会はあまりありません。そのため最近では、お金を出してそうした願望をかなえてくれる風俗の店まであったりします。そういう店に行くと、赤ん坊の恰好をして哺乳瓶をくわえた自分を若い女性がかいがいしく世話してくれるというのです。ところが、思春期に達した男性は普通、母親が自分にいろいろと世話を焼くのをうとましく思うようになります。それは男性として自立したいと考えているからてす。ところが、母親がなんやかやと世話を焼いてくると、ユングの言う「グレートマザー」のイメージが出てきて、なんとかそれから逃れようとするわけです。「グレートマザー」というのは「太母」と訳されますが、自分を生み出した母なる大地のイメージと重なっています。しかし、その一方で自分をのみ込むイメージもあり、のみ込まれたら自分がなくなってしまうという恐怖をかきたてられるのです。ときには、鬼婆や魔女に姿を変えたりもします。職場などで、その男性を愛していて、なにくれとなく世話をやいてくれる年上、あるいは年下のOLがいますが、そういう相手をうとましく思ったりするのも、そうした事情があるからです。素敵な結婚相手をで、見つけても結婚後に問題は発生した場合、ここに書いてあるように意外と改善に手間がかかります。気を付けましょう。本当は、そういうファンである女性と結婚するのがいちばん幸せなのですが、とうてい幸福になれそうもない、美人ではあるが高慢な女性に引かれていく男性が多いのは、思春期に母親に対して感じた感情を投影しているからです。

DW047_L

理想の結婚相手とは

少なくとも、子供のときに、母親と正常な関係のなかで生活してきた男性であるかぎり、母親に対する固着(愛の想いがこびりついている)があるのが普通です。それを、中世の魔女狩りのように、「マザコン」という言葉で一刀両断してしまうのは、ある意味で怖いことなのですが、こうした風潮の背後には、いかにも現代風の社会状況があることを知っておいたほうがいいかもしれません。コミュニケーションは非常に重要ですので、これからここで→出会う結婚相手とはコミュニケーションを途切れないよう気を付けましょう。そもそも、どんな男性でも、女性と接する場合、心の中ではつねに自分の母親をイメージしています。そのことをとらえて最近の若い女性は「マザコン」と切り捨てるわけですが、これは一つには、男女は平等に助け合うべきだ、家事も半分ずつ分担すべきだ、男性にあまり寄りかかられるのもイヤだ、その代わり自分も男性にそんなに寄りかかりたくないというふうに考える女性の比率が増えているからです。そういう考え方の女性たちは、あまりに依存的な男性に対して、自立しなさいとプレッシャーをかけたくなるわけです。そういう状況がありますから、男性は一面では、自分と対等な成熟した女性のパートナーを求めるべきなのですが、そうはいっても、男性の場合、一般に子供の頃に、自分は父親のように、母親を手に入れることはできないが、父親のような男性になって母親のような女性を手に入れたいと心の奥底で思ったことがあるわけです。これがフロイトのいう「エディプス・コンプレックス」です。そうした気持ちが心の奥底にあるからこそ、父親を目標として男らしい自己を形成していくのですが、それにしても母親のような女性を求めることには間違いありません。

DW016_L